細川バレエアーツ ブログ Hosokawa Ballet Arts BLOG 

〜踊るよろこびを〜 大阪府南泉州を中心に30年。阪南市、泉南市、和歌山市のバレエ教室。 2012年より 英国 ISTDダンス教師協会 認定 インペリアルバレエ スクール。 楽しく踊りながらも、正しく深くバレエを学び、伝統と品格あふれる美しい英国バレエの資格取得を目指せる環境づくりに取り組んでいます。

2017年11月


みなさんこんばんは。週末、いかがお過ごしですか。

今日は尾崎教室でISTD試験対策レッスンをしました。各グレード、みんなとても頑張っていましたね!
シラバスをひとつひとつ確実に理解し、体現出来るよう、努力を促しています。


試験本番同様の通し稽古が出来るようになるには、まだまだ時間がかかりますね。


まずは来年2月頃の模擬試験を目指してがんばりましょうね!








↑ 今週はマレーシアから始まり、怒涛の一週間でした。今日のコーヒーはとても美味しいです。笑


みなさんまた来週!







こんばんは。今日は朝からチャコットオープンクラスでした。昨日に引き続き、今日も皆さんと楽しくレッスンさせていただきました。分からないことがあったら、どんなことでも気軽に質問してくださいね。


夜は尾崎教室でした。
クラスコンサートが終わって、インペリアル試験モードですね。

先日、マレーシアで、研修会に来られていた現RAD(ロイヤルアカデミーオブダンス)の先生と話をしたのですが、
『ISTDインペリアルバレエの良いところは、フリーアンシェヌマンがたくさんあるところですね。頭をすごく使うし、生徒達にとって、すごくいい。』とおっしゃっていました。

私も、その通りだと思います。

今日のグレード6対応のクラスでも言いましたが、
とにかく、言葉を理解して即座に体現する力が必要になります。

そして、その対策ですが、とにかく時間を要します。

演習を延々としていく他に、対策はありません。



教えるのもとても難しいのですよ。笑



さて、
明日は試験対策レッスンですね。


南海電車が、通常運転になりましたね!
タイミングばっちりです!笑


寒いですからあたたかくして
気をつけて来てくださいね!




↑ 先日の研修会で頂いた修了書(CPD)です。









今日はチャコット心斎橋スタジオで特別講座をさせていただきました。たくさんの方にお越しいただき、感謝しています。皆さんと本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。


年内のオープンクラスの予定ですが、12月29日(金)がチャコットスタジオさんの最終営業日になるそうです。
今年はちょうどその日に私もオープンクラスとプチポワントクラスをさせていただきますので、ぜひ踊り納めにお越しください。
内容はいつも通り
『クラシックバレエ基礎』ですが、
ホリデースペシャルレッスン!のつもりで、させていただきます。





 










みなさんこんばんは。
無事に帰宅しました!今回はスーツケースも無事です。笑


そして明日は特別講座です。


チャコット心斎橋スタジオ 
11月23日(祝・木) 12:45〜14:15
クラシックバレエ基礎

お問い合わせ → 0662445888 


ちなみに、明後日金曜日も、いつも通りレギュラーオープンクラスとプチポワントクラスがあります。
2日連続!しかも同じ Aスタジオです。

来年1月5日(金)は休講になります。よろしくお願い致します。


 
昨日に続き、
マレーシアでのことをみんなに色々お話したいのですが、今回もとてもタイトなスケジュールだったため、あちこちで写真を撮る時間等、まったくありませんでした。。

唯一、ホテルの部屋の天井の写真…


『キブラ→  』のサイン。(メッカの方角を示しています。)

イスラムの国ならではですね!



今週末から、試験対策レッスンも始まりますね!今年も残りあと約1ヶ月です!
年末まで体調壊さずに、パワフルに過ごしたいですね。
一緒にがんばりましょう!







みなさんこんばんは。お元気ですか。
私は無事に全日程を終了し、修了書を頂きました。
今日は短いお昼休憩を挟み、ほぼ8時間ぶっ通しでアドバンスドⅡ…(!)という超ハードな内容。限られた時間の中での研修は、とにかくスリルがあります。この時間内で完全に覚えてしまおう!という強い気持ちで取り組まなければなりません。


マレーシアの先生方はもちろん、マカオ、オーストラリアからお越しの先生方も本当に熱心で、素敵な方々ばかりでした。日本からの参加は今回も私だけでした。


ひとつ、朗報です。アドバンスドⅡの新しいアンシェヌマンの美しいこと!
以前のものも私は大好きだったので、試験で使われなくなるのは寂しいのですが、新しいものも格調高いのはそのままで、とてもアーティスティックなものばかりでした。今日、実際に何度も踊ってみた私の個人的な感想ですが、ほんの少し難度が下がっているように思います。(これはあくまで私の見解です、以前のピルエット系のアンシェヌマンが特に…吐くほど…難しかったので… 。*本当に吐きそうになるんですよ!笑) 
アダジオ系も、かなり踊りやすくなっている気がしますので、
ある程度きちんと練習すれば、今後はかなりの人がこなせるのではないかな…?と思います。朗報でしょ?笑


『今日習ったものを忘れないようにするために、動画を撮ってもいいですか?』という、参加者からの質問に、きちんと、ノー!と答えてくださる試験官の先生。
YouTube、Facebook等に、アップロードされるような類のものではないからです。


DVDや動画の発売もないため、
人から人に教え伝えられたものがあるのみ。

本来のダンスの在り方、だと思います。


でもインペリアルバレエの本当の難しさは、定められているアンシェヌマン↑をこなすことではなく、

実は、それ以外のところです。


いつか、みんなに伝えられる時が来たらいいなぁと思いながら、今回も研修しました。





↑ 全日程を終えてほっとしているところ…






↑このページのトップヘ